HOME診療内容のご案内脳ドックのご案内

脳ドックのご案内

脳ドックとは、MRI検査や血液検査など行い、脳卒中などの脳の病気の危険因子を発見するための健康診断です。脳血管疾患は心疾患、悪性新生物と共に日本での3大死因の1つとされており、日頃から脳ドックなど検査を行って、早期発見・治療を行う事が重要です。当院では、脳神経外科専門の医師による診断、治療を行っています。


脳疾患による死亡率の推移

脳ドックのコース

消費税8%込
一般脳ドック30,240円(税込)
頭部MRI・MRA
頚部MRA
 
専門医
説明
 

高次脳ドック48,600円(税込)
頭部MRI・MRA
頚部MRA
 
高次脳検査
(認知度診断)
 
心電図  
血液・尿
検査
 
頚部血管
超音波
 
専門医
説明
 

長野市民脳ドック47,520円(税込)
頭部MRI・MRA
頚部MRA
 
高次脳検査
(認知度診断)
 
心電図  
血液・尿
検査
 
眼底・眼圧検査
身体計測
 
専門医
説明
 

※長野市国民健康保険加入の35歳以上の方
□□□□後期高齢者医療制度加入の方
が対象で
長野市より補助金が出ます。詳しくは以下へご連絡下さい。
□□長野市国民健康保険課 224-7241
□□長野市高齢者福祉課 224-8767
当院ドック受診の際は「保険証」と「補助券」を必ず持参して下さい。

検査日・説明日

土曜日検査コース予約制 3コースとも
検査日 毎週土曜日 午後
所要時間  一般脳ドック 30分
所要時間  高次脳・長野市民 60分〜70分
説明日 毎週日曜日 午前  高次脳・長野市民は検査日より1週間以降
所要時間  一般脳ドック 20分
所要時間  高次脳・長野市民 30分
第4日曜日検査コース予約制 一般脳ドックのみ
検査日 第4日曜日 午前 午後
説明日 同日  検査に引きつづき説明
検査・説明の所要時間 60分

検査内容

MRI・MRA検査

MRIとは強い磁石を使って体の状態を検査する方法です。いろいろな角度から体の断面の写真を撮影することができます。検査時間は20〜30分です。検査中は音がしますが、痛み等はありません。

MRI装置(磁気共鳴診断装置)とは

MR(磁気共鳴診断装置)MRI装置(磁気共鳴診断装置)とは、X線を使用することなく体内の状態を外部から検査する診断装置です。
強い磁石とラジオ波を使用しますが、からだの任意断面が正確に写しだされますので、病気の部分の診断に大変効果的です。

MRI(磁気共鳴画像)とは

MRI(磁気共鳴画像)とは、強力な磁場を用い、断層画像を作成するもので、小さな脳梗塞・脳腫瘍などの早期発見に適しています。

MRA(磁気共鳴血管撮影)とは

MRA(磁気共鳴血管撮影)とは、コンピューターを使い、短時間で血管の形態や血流の様子を画像化するもので、3次元的な再構成や表示が容易にできますので、くも膜下出血の原因になる脳動脈瘤や脳動脈奇形などの早期発見に適しています。

MRI・MRAを組み合わせることにより、脳腫瘍・脳梗塞・くも膜下出血・アルツハイマー病などの病気の早期発見、また予防に大変効果的です。

高次脳検査

担当者からいろいろ質問をさせていただき、アルツハイマー病などの認知症の診断を行ないます。

ご注意

以下の項目に該当する方はMRI装置による検診ができない場合がありますので事前にご相談ください。

■体内に、心臓ペースメーカーをはじめとする金属類の医療器具が装着されている可能性のある方
■閉所恐怖症など狭いところが苦手な方
■妊婦、または妊娠している可能性のある方

お申し込み・お問い合わせ

電話にてお問い合わせ・お申し込みを承ります。
月~土曜日(9:00~17:00)
TEL. 026-241-6221(ドック担当者)

このページのトップへ