主な検査内容

症状・疾患により対応が異なります。

CT撮影
脳の病変を数分で診断します。
レントゲン撮影
頭蓋骨・脊椎の状況を診断します。
MRI・MRA撮影
CTより精度が高く、小さな脳梗塞や脳腫瘍、又脳動脈瘤や血管の狭窄などを検査します。
脳血管撮影
血管の狭窄や脳動脈瘤等のより詳細な状況がわかります。
血液・尿検査
脳卒中の原因となる糖尿病やコレステロールの状況等を検査します。
超音波検査
頸動脈の動脈硬化の程度を検査します。
心電図検査
脳塞栓症の原因となる不整脈があるか検査します。
脳波検査
脳波は微弱な電流を流していますが、それを波形として記録します。
高次脳検査
様々な質問に答えていただき、認知症の早期診断を行います。

› 主な医療機器 詳しくはこちら

このページのトップへ