平成28年度 小林脳神経外科 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - 25 69 79 171 225 213 52
※当院を退院された患者さまの年齢を10歳刻みで集計したものです。
 70歳以上の方が約6割を占めております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞 CCPM04 3日以内かつJCS10未満 手術なし 処置1なし 処置2:ラジカット(4) 副傷病なし RankinScale0~2 87 10.47 17.24 70.59
010060x2990411 脳梗塞 CCPM04 3日以内かつJCS10未満 手術なし 処置1なし 処置2:ラジカット(4) 副傷病:水頭症等(1) RankinScale0~2 84 10.40 23.81 76.52
010030xx01x00x 未破裂脳動脈瘤 脳動脈瘤頸部クリッピング等 処置2なし 副傷病なし 47 10.68 2.13 64.43
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 47 2.87 0 67.09
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 処置2なし 46 2.39 2.17 71.09
当院では、脳梗塞(JCS10未満、エダラボンあり、副傷病あり、ついで副傷病なしが最も多く全退院患者の2割を占めています。
未破裂の脳動脈瘤と末梢性のめまいが同数で3位となっています。
入院時には脳梗塞と同様の症状があり、精査の結果脳梗塞にはなっていなかった一過性脳虚血発作の患者が第5位となっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - -
大腸癌 - - - - - -
乳癌 - - - - - -
肺癌 - - - - - -
肝癌 - - - - - -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
※対象患者なし。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 - - -
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
※対象患者なし。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 46 2.52 71.00 2.13
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 279 13.31 75.5 26.24
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 28 6.82 69.07 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
※当院はI63$脳梗塞発症3日以内に入院される患者さまの割合が最も多くなっております。平均して13日程度の入院期間で7割以上の患者様が自宅、もしくは施設に帰られています。又2割ほどの患者さまが継続リハビリのために後方支援病院に転院されております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 50 0.34 9.74 10.00 76.80
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 41 0.76 19.05 19.51 66.49
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 34 2.21 14.97 14.71 65.79
K1772 脳動脈瘤頸部クリッピング(2箇所以上) 23 1.04 10.70 0 62.22
K1742 水頭症手術(シャント手術) 21 2.10 11.19 14.29 75.86
※平成28年度、当院で最も多かった手術は慢性硬膜下血腫(外傷性含む)に対する穿孔洗浄術となっております。
 2番目に多かったのは脳動脈瘤クリッピング術で未破裂脳動脈瘤に対するくも膜下出血を予防する手術です。平均年齢も66歳~67歳と比較的若い患者さまが多く見られます。
 次に脳腫瘍に対する頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの)となっております。当院は悪性の脳腫瘍に対する外科的手術の他、点滴又は内服による治療も行いますが、ガンマナイフ等の放射線治療が必要な患者さまについては転院されて継続治療をされる方もおります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
※対象患者なし。
更新履歴