HOME当院について設備・機器

当院について

主な医療機器

マルチスライスCT

X線を使用して、脳の断面(輪切り)を撮影する装置です。当院の装置は1回転で最高16スライス撮影することができ、脳内の出血などの病変の診断を短時間でする事が可能です。
造影剤を使用することにより、血管を立体的に観察(3D-CTA)したりすることもできます。

MRI装置3T・1.5T

X線(レントゲン)を使用しないで、磁石を使って頭部の断面を撮影する装置で、CTより精度が高く、早期の脳梗塞を診断することができる他、脳腫瘍、脳萎縮、脊髄の状況を診断できます。また、造影剤を使用しないで脳の血管を写し出すことができるため、クモ膜下出血の原因となる脳動静脈奇形や脳動脈瘤の診断も可能です。

血管撮影装置

カテーテルを用いて造影剤を血管に流しX線(レントゲン)で撮影する装置です。
動脈瘤の発見、動脈瘤の位置・形状の診断および血管の狭窄などの異常を動画で確認することができます。
又、血管内手術(脳動脈瘤コイル塞栓術や脳血管内ステント留置術)でも使用します。

高気圧酸素治療装置

高濃度の酸素環境の中で、血液中の酸素濃度を高め脳梗塞などで傷んだ脳の速やかな改善をはかる装置です。

超音波装置

超音波を用いて頚動脈の動脈硬化の程度や血栓の有無を調べます。

血圧脈波検査装置

動脈硬化を診断することができます。

脳波計

脳から生じる電気活動を記録します。

このページのトップへ