HOME当院について設備・機器

当院について

主な医療機器

CT装置

X線を用いて脳を調べます。脳出血、脳梗塞、くも膜下出血、脳腫瘍などを見つけることができます。造影剤を用いない検査であれば予約なしで撮影することが可能です。動脈瘤や脳腫瘍には造影剤を用います。

MRI装置(3テスラ・1.5テスラ)

磁力を用いて脳を調べます。CTよりも高い解像度で細かく調べることができます。造影剤を用いなくても脳血管を調べることができます。通常は予約で撮影します。テスラは磁力の強さを表します。脳ドックでは3テスラを用いています。

脳血管撮影装置(アンギオ装置)

X線を用いて脳血管を調べます。脳血管を最も詳しく調べることができます。脳血管内治療では脳血管撮影装置で観察しながら治療します。

高気圧酸素治療装置

酸素を100%(大気は21%)、2気圧(大気は1気圧)に高めることができる治療装置です。脳梗塞や網膜中心動脈閉塞症などに効果があります。

超音波装置

超音波を用いて動脈や静脈を調べます。動脈硬化の程度や細さを観察できます。

血圧脈波検査装置

動脈硬化を客観的に評価することができます。手や足の動脈の細さも推測することができます。

脳波計

脳から生じるわずかな電気信号を調べます。てんかんの診断に用います。

眼底検査装置

眼底の写真を撮影することで動脈硬化の程度を調べます。

眼圧計

非接触型の眼圧計です。安全に眼圧が測定できます。

心電計

心電図を記録し、不整脈や狭心症・心筋梗塞の有無を調べます。

このページのトップへ